« 保留地ローン提携金融機関(更新) | トップページ | 現場整備状況(H22.2.9) »

2010年2月 1日 (月)

区画整理事業地内の宅地を特定する番号

 一般的に区画整理事業においては、整備後の新たな町名・地番が決まるまで、宅地(仮換地及び保留地)の場所を街区番号と画地番号で表します。街区番号は、道路等で囲まれたブロックの番号であり、画地番号は、そのブロック内のロット番号になります。今後市街化が進みますと、登記簿上の地番(住所)では現場での特定が非常に困難ですので、街区番号と画地番号を、地区内居住者や知人・友人等へご自宅の場所を知らせる道しるべとして利用されると有効かと思います。以下より「仮換地案内図」をダウンロードされ、様々な目的にご利用いただければ幸いです。

仮換地案内図

※図に表記された番号が街区番号となります

※利用目的:ご自宅の案内図作成、76申請の箇所図作成など

|