« 現場整備状況(H22.2.23) | トップページ | 防犯灯の設置について »

2010年2月24日 (水)

組合保留地購入の際のローン設定にあたり(お願い)

 当組合の保留地を購入し住宅建築されるにあたり、組合と保留地ローン提携済の金融機関で融資を受けられるのであれば問題ないのですが、それ以外の金融機関で融資を受ける場合、事前に組合へ連絡いただきたいと思います。保留地については、土地登記簿がない代わりとして、換地処分時(保留地登記時)までは組合備付けの台帳でその保留地の権利関係・融資実態等を管理することになっており、融資実行直前になって組合に届出(権利異動停止申請等)がありまと、必要に応じてローン提携事務手続きに要する時間、組合での権利情報電算処理(台帳への記載等)に要する時間等で、ご希望の融資実行日に間に合わない可能性があります。今後、保留地購入される方へは、組合として本件について十分説明させていただくつもりですが、金融機関担当者、融資の仲介をされるハウスメーカー担当者の方も十分ご理解願います。

⇒権利異動停止申請は余裕をもってお早めに組合へ届出願います

組合の保留地ローン提携金融機関はコチラをクリック

※「権利異動停止申請とは?」:保留地ローン設定にあたり、金融機関が融資を担保する目的で、金融機関と保留地購入者との間で当該保留地の転売を禁ずる特約内容を組合に届出していただくもの(組合はこの特約内容を台帳に記載管理する)

|